アンダーヘアのデザイン

アンダーヘアはデザインできる?どんなデザインがあるの?

アンダーヘアのデザインって?

最近はアンダーヘアのお手入れもしっかりやる人が増えましたが、とりあえずという感じで闇雲に処理をしていませんか?
脱毛をしている人はお店の人に任せっぱなしになっていませんか?

 

アンダーヘアーは普段見えないところですが、実はそこをデザインして遊んだり、整えるにも好みの形があったりと、色々考えられる場所なのです。

 

海外では全部処理をする人が増えていますが、日本人の方には抵抗があったり、男性にその道のプロ?と思われてしまったりすると、ちょっと恥ずかしいですよね。
多くの人が下着からはみ出なくて、ある程度整われている状態が良いと思っています。

 

友達とは意外と脱毛していることを話していなかったりする人も多いですし、アンダーヘアーの事になると、殆どの人は会話にもならないのではないでしょうか?

 

そんな恥ずかしくて周りには聞けない人に、今はいろんなデザインや自分のライフスタイルによって形を作っていくことができるので、こちらで参考になれば幸いです。

1.逆三角形

定番の形でもっとも人気のある形です。もともと生えている形が逆三角形なので、そのまま無駄な部分を処理してしまえば、すっきりとして男性受けも良いです。

 

下着によっては小さめに出来ていて、V上の部分が下着からはみ出てしまうこともあるので、小さめの逆三角形も人気があります。
脱毛サロンでも小さ目の逆三角形にする人が多いですね。

2.卵型

丸みをおびた形になるので、柔らかい優しい印象になります。
逆三角形と違い角がないので、下着からはみ出る可能性も低くなるので、こちらも人気のデザインになります。

3.Iライン

これは指一本分ぐらいの太さで、Iの形みたいにするものです。

 

海外の方には人気があるそうですが、見た目はちょっと海苔っぽいです(汗)日本人の男性にはあまり受けが良くないそうなので、これにするならきわどい水着や下着を着たい方にはオススメです。

4.ナチュラル

これはもっとも自然な形ですね。
今ある毛の毛量を全体的に少なくするものです。
これはもともと、アンダーヘアーがまとまっている人向けかもしれません。

 

毛量が減るだけで、生理の時の不快感やむれ、かぶれ、かゆみなども軽減されるので、脱毛を数回するだけでも全然違ってきます。

やりたいデザインを伝える

いろんな形がありますが、サロンや病院に行く前に一度、どんな形が自分はいいか、自分にあっているのかを見てみるといいですね。

 

ちょっと恥ずかしいですが、姿見の前に裸で立ってみて、どのバランスがいいか見てみるのもいいですし、自分に好みのデザインの型紙を作ったり、今はデザインシートという物が売っているのでそれに合わせて処理をするのも、やりやすくなるのでオススメです!

 

脱毛サロンや病院に行ったときは、その型紙を持って行けば「このデザインにしてください」と言いやすいので、自分の納得いく脱毛もできるはずです。

 

脱毛サロンや病院などのスタッフは、一応このように脱毛する、と規定があったりして、その人にあったデザインではなく、その規定に従って脱毛してしまうことがあるので、脱毛してみてこんなはずじゃなかった!とならないように、しっかりと自分のなりたいデザインを伝えるのも、とても大事なことです。

 

特に医療レーザーなどは、一度ツルツルにしてしまうと毛が生えて来なくなるので、デザインの変更が難しくなります。

 

先頭へ戻るボタン


ホーム RSS購読 サイトマップ